New LIFE

出産祝いを贈ろう|良いものをプレゼントする方法とは

さまざまなマナー

お菓子やタオルなど

プレゼント

お子さんが生まれた際に、ご家族やご友人から贈り物を頂いたという方は、多いかと思います。
出産祝いは貰うと嬉しいものですが、お返しも考えなくてはなりません。
最近では、出産祝いのお返しのことを出産内祝いなどといいます。
出産内祝いには、さまざまなマナーがあるのです。
例えば、出産祝いで頂いたものの金額より高価になってはいけません。
出産内祝いで贈る品物は、出産祝いで頂いたものの金額の3分の1程度から半値程度のものが良いといわれています。
また贈る際には、お礼状や挨拶状、メッセージカードなどを同封しておくと、気持ちも伝わりやすいといえます。
お礼状の書き方がわからない場合は、インターネットで検索してみましょう。
詳しい書き方などを簡単に調べることができます。
出産内祝いでよく贈られる人気なものは、タオルギフトや佃煮セット、お米やお菓子の詰め合わせなどです。
刃物などは、出産内祝いに贈るのはマナー違反になってしまうことがあります。
相手の好みなどがわからず決め切れないという場合には、カタログギフトでも良いでしょう。
金額も選ぶことができるので、人気があります。
また出産内祝いは、出産後約1カ月程度で贈るようにしましょう。
賞味期限の短い食べ物は、かえって迷惑になってしまう場合もありますから、注意が必要です。
また、商品券などを目上の方に贈るのは失礼にあたることもあります。
このようなことに気をつけながら、出産内祝いを選びましょう。

幸せを分けあいましょう

乳児

お母さんが十月十日お腹の中で大切に育ててきた赤ちゃんの誕生を、誰もが心待ちにしています。
安産であったり、時間がかかって難産だったりとお産も人それぞれですが、無事産まれた喜びは何にも変えられません。
そんな赤ちゃんに対して贈られる初めてのプレゼントが出産祝いです。
出産祝いは赤ちゃんの衣類やおもちゃなど様々です。
それに対して気持ちをお返しするのが出産内祝いです。
お返しと言うと、以前は初宮参りの後が一般的でした。
しかし現在では生後1ヶ月〜2ヶ月以内が多いとされています。
また、出産内祝いの贈り方にもいくつかルールがあります。
基本的には出産祝いとしていただいた品物や、金額の1/2〜1/3程度の額が妥当と言われています。
これより少なくても、多くてもマナー違反で失礼にあたります。
しかし、目上の方や、高額の品物等をいただいた場合には、1/3程度でも大丈夫です。
出産内祝いは実用的な品物を贈ることが良いとされており、食べ物が定番です。
赤ちゃんと同じ重さのお米や、名前の入ったクッキーなど、最近はとてもたくさんの種類があります。
他にもタオル類など日用雑貨も好まれます。
出産内祝いでもう1つ気を付けなければならないのが、熨斗をつけることです。
内熨斗で紅白の蝶結びにします。
また、赤ちゃんの名前とふりがなも忘れずにつけてもらうことが大切です。
それに加えてメッセージカードなども添えると受け取った方への印象も良くなります。
現在はインターネットで簡単に注文できるのでとても便利です。
出産祝いをいただいたら、内祝いで幸せをわけあいたいですね。

カタログギフトを活用する

ギフト

子どもが居ない人は特に、出産内祝いの品物選びに困ることがあります。
そんな時には、まず、相手にどんな物が欲しいのか聞いてみましょう。
人によって欲しい物は違うからです。
それに、現在、欲しい物を贈った方が喜ばれます。
また、出産内祝いは何も赤ちゃんの物ではなくても構いません。
出産をしたママに役立つ物を贈るというのもお勧めです。
いろいろと吟味してみましょう。
それから、出産内祝い向けのカタログギフトを利用するというのもお勧めです。
デパートを筆頭に、通販サイトなどでもカタログギフトを用意していることがあります。
これらを利用すれば、贈られた相手が好きな物を選べるので効率的です。
どうしても何を贈っていいのか悩んでしまう時などに重宝します。
もちろん、その時の流行を探ってみることも大切です。
一時期、おむつケーキが流行ったことがあります。
おむつをケーキのような形にしてプレゼントするというものです。
当然、おむつは赤ちゃんが居ればたくさん使います。
使わなくてもケーキのような形になっているので、インテリアの一つとして部屋に飾ることも可能です。
いずれにしても、無駄にならないような物を選択しましょう。
自身に赤ちゃんが居たら何が必要かという点を考えれば、自ずとプレゼントする物が浮かんできます。
赤ちゃんのうちはたくさんタオルを使うこともあるので、品質の良い高級なタオルをプレゼントするというのもいいかもしれません。
出産内祝い品で人気のある物を探してみましょう。