New LIFE

出産祝いを贈ろう|良いものをプレゼントする方法とは

赤ちゃんの名前披露

相手に合った贈り物選び

ギフト

出産祝いをいただくと、なるべく早くお祝いのお返しとして出産内祝いを返す必要が出てきます。
本来、出産内祝いは、赤ちゃんの誕生を祝い、名前を知ってもらうためのプレゼントであるため、熨斗も赤ちゃんの名前で送るのが一般的です。
出産内祝いには、タオルや洗剤などの世代を問わない消耗品から、赤ちゃんの重さにちなんだ米や、名前入りのお菓子類など様々です。
高額な出産祝いを頂いた場合には、カタログギフトとオリジナル商品の組み合わせなどもできますし、送り先のニーズに合わせて選ぶことが可能です。
親戚ですと、赤ちゃんの写真や名前が入ったものを贈ると出産祝いがより印象づけることができますし、喜ばれます。
また、独身女性には、1人暮らしでも使いきることのできるサイズの食品類やボディーケア用品などが人気の品です。
子供のいる世帯には、家族みんなで食べることができるお菓子やジュースのセットなどが贈りやすいです。
相手の好みや家族単位をしっかりと把握し、いただいたお祝いのお礼をしっかりとしていくことが大切です。
出産後は赤ちゃんのお世話や産褥で忙しい人がほとんどですので、ある程度イメージを持っておくとスムーズに発送できます。
インターネット上で簡単に住所登録から発送までできますので、事前に複数ある出産内祝いサイトを調べておくことをお勧めします。
出産祝いを頂いてから1か月以内には、内祝いを贈るようにし、赤ちゃんの誕生を皆でお祝いしましょう。

贈る時期や選び方について

赤ちゃんグッズ

出産内祝いとは、本来は赤ちゃんが産まれた幸せを親しい人におすそ分けする贈り物のことをさします。
出産祝いをもらったかどうかは関係なく、親戚や近所の人、親しい友人などにちょっとしたものを贈るのがならわしでした。
ですが、近年は地域の結びつきが弱くなってきているため、このような形の贈り物はしなくなってきています。
その代わりに出産祝いをもらった人にお返しすることを出産内祝いと呼ぶようになりました。
出産内祝いは出産祝いをもらってから一ヶ月程度を目安に贈るのがよいとされています。
ただ産後はバタバタするものなので、多少遅れたりしてもそこまで問題はありません。
金額としては、出産祝いの半額から三分の一程度が目安です。
あまりに高額な場合は三分の一程度でも問題ないですが、基本は半返しを意識して選びましょう。
出産内祝いの品物としては、食べ物や洗剤、タオルなどといった消耗品がふさわしいとされています。
出産内祝いをもらう機会は何度もあることなので、形に残らない消耗品がよいとされているのです。
カタログギフトなどもよいでしょう。
赤ちゃんの写真を入れたり、名入れをしたりするサービスも人気があります。
家庭の状況にあわせて贈り分けるのがおすすめです。
熨斗をつける場合は、紅白の蝶結びの水引がついているものを使います。
上段に「内祝」もしくは「出産内祝」と記載し、下段にはそのとき産まれた赤ちゃんの名前を書きます。
濃い墨で書くようにしましょう。
印刷でもかまいません。

通販サイトでお返し選び

ウーマン

出産を終えて無事に赤ちゃんが生まれると、お祝いの意味を込めて、たくさんの方から色々なプレゼントが届きます。
それらの気持ちがこもっているプレゼントは、とてもありがたいのですが、お返しの出産内祝いに頭を悩ませてしまう場合もあるでしょう。
そのときには、出産内祝いを取り扱う通販サイトを利用すれば、数多くの選択肢の中から、最適なお返しの品物を選べるので便利です。
一般のお店で購入するよりも安く済みますので、もらったプレゼントの数が多ければ多いほど、通販サイトで出産内祝いを選んだほうが節約できます。
もちろん、品物にはメッセージカードもきちんと付けてくれますので、感謝の気持ちを文章として伝えることも可能です。
そして、出産内祝いを購入するために、通販サイトをオススメするのは、安いだけではなく別の大きなメリットもあります。
それは、出産内祝いを贈る場合に、迷いやすいマナーに関して、きちんと説明しているところが多いからです。
そこには、価格の相場や贈るタイミングなど、コンテンツとしてまとめられていますので、初めての出産内祝いを贈る場合は目を通しておきましょう。
特に、もらった側が困る品物を掲載している通販サイトは必見なので、感謝の気持ちをきちんと伝えたいのなら見逃してはいけません。
本当に喜ばれるものを選ぶのはとても難しいですが、通販サイトを利用すれば力になってくれますので、しっかりと考えて出産内祝いを贈りましょう。