New LIFE

出産祝いを贈ろう|良いものをプレゼントする方法とは

贈る品物や時期について

母子の都合を考慮して

赤ちゃん

出産祝いとは、赤ちゃんが誕生した時に贈るお祝いの品です。
一般的には、赤ちゃんの健やかな成長をサポートする育児グッズが贈られます。
たとえばベビー服やベビー食器、紙おむつやおもちゃなどです。
いずれも、使い勝手はもちろん、使用する保護者の好みなども考慮して選ぶ必要があります。
また、できるだけ安全性の高いものを選ぶことも大事です。
たとえばベビー服の場合は、肌に優しいオーガニックコットン製のものを、おもちゃの場合は割れにくい上に誤飲の心配がないものを選ぶと、安心して使ってもらえます。
昨今では、出産祝いに適した商品のみを紹介しているカタログやWEBサイトもあるので、それを利用すると選びやすいと言えます。
さらに出産祝いは、贈る時期についても十分に考慮しなければなりません。
というのも、出産直後は母子の体調が安定していないことが多く、中には長期間の入院となるケースもあるからです。
そのような時に出産祝いを贈ると、相手にかえって負担を与える可能性があるのです。
そのため多くの人が、母子が健康ということを確認してから出産祝いを贈っています。
母子の体調に特に問題がなければ、出産後約1週間で退院することになるので、その頃合を見計らって贈る人がほとんどです。
また、出産報告ハガキなどで連絡を受けてから、出産祝いを用意するという人もいます。
このように出産祝いでは、内容も時期も、母子の都合にしっかりと合わせることが肝心となっているのです。

何を送るのがよいか

婦人

親しい友人や親せきの出産の知らせを聞いたら、さて出産祝いはどうしようか、考えることでしょう。
まず出産祝いはお金を包むか、プレゼントを選ぶか、そこから決めなければいけません。
出産した人が初産なのか二人目のお子さんなのかで、欲しいものは違ってきますし、実際相手の必要なものを考えるのは難しいものです。
その場合は出産祝いとして、お金を包むのも良いでしょう。
親戚や兄弟の場合は、欲しいものを聞くか、お金を包んだ方が無駄がなく喜ばれるかもしれません。
しかし、友人の場合は出産祝いとしてお金を包んでもらうと、相手は内祝いを送らなければと思いますので、もしも内祝いを気にせず、お祝いの気持ちだけ送りたいというような間柄の場合は、それほど高額でないプレゼントを贈ることをおすすめします。
例えば、何枚あって困らないタオルや気軽に着れるような洋服、靴下なども良いでしょう。
季節によっては肌に優しい毛布のようなものも喜ばれるかもしれません。
洋服であれば、大抵すぐに必要なものは自分たちで揃えているでしょうから、すぐに着るものよりも、半年くらい先にぴったりのサイズになるようなものを選ぶとよいでしょう。
出産後は何かと忙しく、子育てに追われて内祝いを考えることも思った以上に大変なものですから、相手にそれほど気を使わせず、お祝いの気持ちを伝えたい時には、このように使用頻度が高く、あまり好みに左右されないようなものを選ぶとよいでしょう。

定番のもの

赤ん坊

ご友人や同僚などに赤ちゃんが生まれて、贈り物をしようと考えている方は多いかと思います。
しかし、出産祝いに何を贈ればよいかわからないという方も少なくありません。
少子化が進んでいるといわれていますが、赤ちゃん関連のグッズは進化しており、種類も増えています。
また、アイデアグッズなどもたくさんの種類があるのです。
人気の商品は、インターネットなどでも簡単に調べることができます。
実際に貰って嬉しかったもののランキングなどもありますから、参考にしてみましょう。
出産祝いに貰って嬉しいものの定番は、やはり紙おむつやおしりふきなどの消耗品です。
特に生まれたての赤ちゃんの場合、1日に何度もおむつ替えをしなければなりません。
また、おむつやおしりふきは大きくて重たいので、買い物するのも一苦労です。
そのため、おむつなどの消耗品は喜ばれるといえます。
また、ブランド物のベビー服や抱っこ紐など、自分ではなかなか買わないけれど貰ったら嬉しいというものを出産祝いに贈るのも良いでしょう。
少しだけ高級なものは、自分で購入するのは尻込みしてしまうというお母さんも多いのです。
機能性のあるマザーズバッグや知育おもちゃ、絵本なども人気があります。
出産祝いを選ぶ際は、迷ってしまうという方も多いですが、定番の商品や人気の商品を贈ると失敗し難いといえます。
どうしても決めきれないという場合は、商品券でも良いでしょう。
また、おむつケーキなど、お洒落な品も人気です。